家事手伝い+

東京でスーパーを巡る冒険記

自粛してわかったこの世の誘惑

発熱前は毎日コンビニへ行き、お菓子とコーヒーやカフェラテを買わなければ落ち着かずイライラしていた。

典型的な依存状態。コンビニ依存と砂糖依存とカフェイン依存の3つ。

 

 

発熱してからPCR検査の陰性がわかるまでの2週間、そんな3大欲求がコロナという恐怖に覆いかぶさってほぼ消え隠れた。100%ではないけど。

 

 

自粛中、1週間くらいは甘いものやコーヒーへの渇望がずっとあった。

朝起きてから夜寝るまで、自分がコンビニへ行きスイーツや菓子パンをわんさか買ってむしゃむしゃ食べてる自分の姿がコンスタントに頭をよぎった。

こりゃ脳がコンビニを食べたがってるんだわw

 

 

けどお家にあった紅茶(これもカフェインですがw)にハチミツ(まあ天然モノだしw)を入れてしのいだ。

 

それを1週間続けてたら、あ、コンビニや甘い物、コーヒーやカフェラテ、なくても大丈夫かも…!と気持ちの変化が。

こんな思い、私史上、初だった。

 

 

しかしそう思った矢先の翌日、母からの救援物資でパンやらチョコクッキーがどっさり届き、糖分遮断はポキっと折れてしまった(いや、有難いんだけどねw)

 

 

1袋、チョコクッキーを一心不乱に食べた。

頑張ったんだけどなー。

 

 

最後にコンビニに行ってから3週間目。

「コンビニ行きたい欲」と「コーヒーカフェラテ飲みたい欲」はなんとか留まってる。

 

 

外出せず引きこもったことで「欲」がぐんと落ちた。

ネットでも言われてるけど、今は「引きこもり」が世界を救ってる。

 

 

街を歩けば、コンビニや美味しそうなお店やカフェ、食べ飲み歩きしてる人、おしゃれなファッション等、無限大に目に情報が入ってくる。

 

 

無意識に脳に焼き付いていて、カフェラテ飲んでる人を見るとめちゃくちゃ飲みたくなって、カフェやコンビニへ行ったものだ。

 

 

街中には無限の「欲」が転がっているのかが引きこもったことで、よーくわかった。

 

 

昨日は10日ぶりに仕事を再開した。と言っても在宅の仕事だけど。

久しぶりにyoutube以外でパソコンを開き、仕事ですら誘惑なんだなーと感じた。

Web通販サイト関連なので楽天とかAmazon見ていると、あれ欲しい、これ欲しいな、と欲望がふつふつと湧いてきた。

 

 

またこれを機にネットスーパーを初めて利用してみた。

このご時世、当日配達はほぼなく、私が利用したネットスーパーは注文してから5日後の夜にしか空きがなかったが、注文してみた。

値段は近所のスーパーより高いし、配送料は500円かかるし、高い買い物かな、と思ったけど、むしろ厳選して購入したので、近所のスーパーに行って無駄な買い物してた時よりネットスーパーの方が最終的には健全な気がした。

 

 

スーパーに行けば、目に様々な食材の情報が入ってくる。

買いたいものが決まっていても、余計なものや特売のものをつい買ってしまう。

ネットスーパーは自分からクリックしないと見れないし、クリックしては閉じて、が面倒だったので、それが逆に無駄な買い物を防いだようにも感じる。

 

 

今のところ爆発するような欲ではないので、今後も前向きな引きこもり生活を過ごし、いかに快適か、発信してアクティブバカを消滅していきたい。